お金を貯めたい!余裕が欲しい!

家計のやりくり

ネットで家計と検索すると上のほうに「家計 やりくり」という検索ワードがあがってきます。
やっぱり家計のやりくりについて検索している人が多いんだなと思います。
かく言う私もやりくりが下手で毎月赤字です。


給料日に主人の給料を下ろしてきて、お小遣い、食費、雑費。。。という風にお金を袋に入れるのですが、
結局ネットショッピングや買い物をカードで支払ったり、
ちょっと足りないからと分けた封筒から拝借したり。
こんな私も先月からアプリの家計簿をつけてみることにしました。
今まで放置気味だったレシートもなるべくチェックして、金額だけはメモに残して。


すると思っていた以上にお買い物をしていることに気がつきました。
食費と雑費だけで8万近い金額でした。
せいぜい4万程度だと思っていたので主人に「こんなに贅沢しているかな?」と相談してみました。
帰ってきた答えは「ん〜。どうかな。」
私も「どうしてかな〜。」
これから子供にも食費がかかるし、マイホームも憧れるしお金はかかる一方です。


でも家計簿をつけるようになってから少し意識するようになり、毎日買い物に行くことはなくなりました。
さて、最近またサボりだしたレシートを今からまとめることにしよう。


借金は自分の信用を引換に行われるもの

借金とは、ひと言で言えば自分の信用を引換にして行われるものだと思います。
お金を借りるということは、自分の信用を担保に入れているようなもので、
例え金額が数十円単位の小さなものであったとしても、
お金を借りた時点で自分の信用が問われることになると考えます。


いつまでに返すという期限設定がある場合は、その期限内に返すのが礼儀だと思います。
期限内に返せなかった場合には借りた人の信用がその時点で幾分か失われると考えた方がいいでしょう。
期限内に返せない場合にはその旨をきちんと貸してくれた相手に伝えるべきだと思います。
お金を貸した側というのは、借りた側以上にお金を貸したことをとても気にするものだと思います。
特にプライベートでお金を貸した相手に対しては、
体面を気にしてなかなか自分の方から返済を求めにくいものです。
小さな金額だから別に相手も気にしていないだろうと考えて、時間の経過と共に曖昧にしてしまったら、
自分の信用を失うことになるのではないでしょうか。


借りた相手への信用を失くしたくなければ、例え僅かな金額であっても、
きっちり返済するべきだと思います。
そして、ハッキリ言ってしまえば、まず知人や友人からの借金はするべきではないと思います。
借金をするのであれば、それなりの覚悟で消費者金融から借りるべきです。
今、お金がなく知人に借りようと考えていた人は消費者金融ガイドに目を通してみてください。
世間一般では消費者金融はあまり良いイメージを持たれていないのが現実です。
しかし、賢く借りれば必ずしも悪いものではない、という事を消費者金融ガイドは教えてくれています。
他にもキャッシングとは何なのか?、キャッシングとローンの違いも載っていますよ。

初めて消費者金融で借りる場合は必ず大手の消費者金融で借りるべきです。
知名度のない会社ですと、後々トラブルに巻き込まれる可能性は0ではありません。
知らない人はあまりいないと思いますが、大手ですと例えば、アコムプロミス などがあります。
大手の消費者金融は大抵、初めての人への特典(金利手数料何日間無料など)があります。
消費者金融それぞれのHPで比較して自分に合った特典の会社を選ぶといいですよ。

◆新着記事 借金返済がきっかけでそれまでの長い付き合いが台無しに・・・12/4更新
借金で身を滅ぼす ・・・12/4更新
ご利用は計画的に、は本当に正しい・・・12/4更新
お金にまつわる自業自得なお話・・・9/30更新
世界を揺るがす為替のマーケット・・・9/30更新